FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁のつづき

さて幕が上がると、面箱を持った千歳、翁、三番三と登場。
大二郎さんの千歳ですが、常の狂言とは違った緊張感を感じます。目付柱のあたりまで進んで座し、山中さんの翁が正中から正先へ出て片膝を付き深く礼をしました。
辻井さんのときも思いましたが、翁烏帽子の先端が舞台に着くほどの深い礼です。これは金春流の特徴でしょうかね。

翁が笛座前に座し、千歳が面箱を翁の前に据えて箱の蓋を開け、翁自らが白式尉の面を袋から取り出して箱の上に置きます。千歳が立ち上がり、橋掛りに並んで座していた一同も立って舞台に入り、それぞれに着座します。

笛の座着キから小鼓の打ち出しとなり、笛、鼓が一度切れて、翁の謡い出しです。山中さんの緊張が伝わってくるようです。観世流のみ「とうとうたらり」と清音で謡いますが、もともとは「どうどうたらり」と濁音になっています。意味のわからない謡なので、チベットの言葉だとか様々な説がありますが、案外単純に瀧の水が滔々と流れる表現あたりではないでしょうか。

以前にも書いたとおり、観世流では初日の式、二日の式、三日の式、四日の式、さらには法会の式と、謡も微妙に変わる形がありますが、金春流をはじめ他流ではそうした形にはなっていないようで、観世流で通常演じられる四日の式と同じ形を演じるようです。
ただし、若干の違いはあって、千歳の一度目の舞の後、観世の四日の式では千歳が「君の千歳を経ん事も天つ少女の羽衣よ 鳴るは瀧の水日は照るとも」と謡い掛けますが、ここは「所千代までおはしませ 我等も千秋さむらはう 鳴るは瀧の水日は照るとも」と謡って地謡になり、二度目の千歳之舞になりました。

千歳が二度目の舞に入るところで、白式尉の面を着けた翁が、千歳之舞が終わると「総角やとんどや」と謡い出し、やがて立ち上がって翁之舞へと続く部分になっていきます。

このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。