FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高砂のつづき

地謡が着座すると、直ぐに笛の吹き出しになり、笛の音取の後で小鼓の置鼓。さらに小鼓の手に笛があしらう形になって、幕が開きます。ここまで、大鼓方は床に座したままで動きません。
この音取置鼓で始まる形は翁付に限ったもので、ワキの出方も特別な形になります。
幕が上がると大鼓が床几にかかって、直ぐにワキの出となります。三ノ松で伸び上がって両袖を広げる型をするのは常と同じですが、この日はそのままするすると常座まで進んで着座し、両手を突いて拝礼する形でした。この間、ワキツレは橋掛りに着座して控えています。大鼓が打ち出し、ワキは立ち上がって足拍子を一つ踏み、舞台を進んでワキツレと向き合う形になって次第謡となりました。

この翁付のときのワキの出方は流儀などによって区々のようですが、ともかく普通とは違う出方になるようです。
翁ではワキが登場しないので、次の脇能で登場する際に儀式的な形を取るということなのかもしれませんね。

その後は、常の高砂と変わりませんので、ワキ・ワキツレの次第、名乗り、道行の後に、ワキ一行がワキ座に着座すると、杉箒を持ったツレとシテが真ノ一声で登場してきます。
ツレの中村昌弘さんの声が良く通ってなかなか良い感じでしたが、ふと聞いていると高橋忍さんの謡と良く似ておられる感じです。師弟だからということでしょうか。そう言えばこの日は全席自由だったので、かなり早めに能楽堂に向かったのですが、千駄ヶ谷の駅前でキャリーケースを引いて出勤途中の高橋さんをお見かけしました。すてきなモスグリーンのジャケット姿で、おそらくケースの中は紋付きとか入っていたのでしょうけれども、ちょっと能楽師とは気付きませんね。

前シテの中入で、両袖を広げ「追風にまかせつつ」と風を受けるように退場する形や、後シテの神舞の前「二月の雪衣に落つ」と左袖を広げて面を切り、雪を袖に受ける形など、金春らしい風情ある型、面白く拝見しました。

またこの日のアイは大藏吉次郎さん。切れ、テンポの良い間語りで「いやご覧候へ」と風をみる型も切れ良く決まりました。脇能って、ワキの謡にしても、後シテの舞にしても、案外、ノリが良くて退屈しません。吉次郎さんのアイも良い雰囲気でした。
(84分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。