FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観世会荒磯能を覗く

覗くと書きましたが、実は所用あって東京に出たものの、午後の時間にちょっと空きが出来てしまいまして、この時間を利用して荒磯能を覗いてみたという次第です。このため、冒頭の仕舞三番の途中から入場し、能と狂言各一番を観たところで中座してきました。最後の巴は坂口貴信さんのシテで、いつぞやツレで拝見して大変印象に残っている方なので、本当はぜひとも拝見したかったのですが、時間の都合でやむなく能楽堂を後にしました。

荒磯能は観世会に所属する若手の会ですが、年六回のこの会は平日日中の開催なので、まずもって観る機会がありません。今回はまったくたまたま時間が合ったからという訳です。ホントにお若い方ばかりで、囃子方も若い方が多いですね。

能が坂井音雅さんのシテで淡路。淡路はあまり上演されない曲ですが、すっきりした神能で好印象でした。観世らしい運びの早い展開で、退屈する暇がない感じです。

狂言は萬斎さんのシテで成上り。やっぱり面白いなあ。楽しく鑑賞しました。妙に真面目な印象の深田さんとの取り合わせは絶妙です。

鑑賞記は、書きかけの金春会の鑑賞記が終わりましたら、更新したいと思っています。

そうそう、今日のロビーで林望先生をお見かけしました。なんだかサイン会かなんかをロビーでされていたようなのですが、こちらは遅れてやって来て、そっと途中で入り、休憩時間にそのまま退出してしまったので、状況がよく分かりませんでした。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



気付いたら

アクセス数が9万を超えていました。
ご来訪いただきありがとうございます。

取り立ててキリ番祝いのようなものはしておりませんが、また懲りずにご来訪いただければと思います。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。