FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

末広かり 大藏吉次郎(金春会)

大藏流 国立能楽堂 2009.1.18
 シテ 善竹十郎
  アド 善竹富太郎 大藏吉次郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺真佐人、笛 藤田次郎

翁付の形ですので囃子も入って、一段と目出度い感じの末広かり。三番三を舞った十郎さんが再びシテで登場します。

高砂が終わり、囃子方は向き合って着座する形になり、地謡が切戸口から退場すると、シテの十郎さんが紅白段に素袍上下、折烏帽子の姿で登場し、そのまま勢いよく正中に進み出て「このあたりに隠れもない、大果報の者でござる」と名乗ります。

末広がりの話自体は、教科書などにもよく取り上げられているため、ご存じの方も多いと思いますので、詳しくは書きませんが、ともかく宿老方に末広がりを進上したい果報者が、太郎冠者に末広がりを求めに行かせるという話。

果報者は呼び出した太郎冠者に、道具の内に末広がりはあるかと問います。太郎冠者は無いと答え、早速これを求めに都へ上ることにするわけですが、冠者は末広がりとは何なのかを知らないというのが鍵。

都へ上ろうと舞台を廻り、都に着いたものの、どこに売っているのか分からない太郎冠者は「末広がり買おう、末広がり買いす」と呼ばわりながら歩き回ります。

太郎冠者の富太郎さんは、通常の狂言出立。いかにも使用人という感じになります。呼ばわって歩いていると、素袍上下姿で登場してくるのが都のすっぱ、高砂でアイを勤めた吉次郎さんの登場です。
田舎者をだましてやろうと太郎冠者に近づきます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。