FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁のつづき

時刻ちょうどに幕が上がり、上掛りなので、面箱、翁、千歳、三番三と静かに登場。
面箱の善竹大二郎さんが目付柱のあたりまで進んで座し、翁は正中から正先へ出、千歳が常座に控えます。翁は片膝を付き深く礼をしますが、お若い宗家らしく実に深い一礼でした。

三番三以下は橋掛りに控える形ですが、なんだか人数が少ないような感じです。正先での礼から立ち上がった翁が笛座前に座し、千歳が面箱を翁の前に据えて準備が整うと、面箱が地謡座の前、千歳がワキ座へと進み、囃子方も後座へと進みますが、このとき切戸口から後見や地謡が次々と登場しました。なんだか人数が少ない感じがしたのは地謡や後見が橋掛りに並ばなかったからでした。

笛の座着キ、小鼓の打ち出しから翁の謡い出しへと、型通りに進みますが、翁の謡は堂々としたものです。地の「たらりあがりららりとう」に続いて笛がヒシギを吹き、千歳が立って正中へ進み「鳴るは瀧の水」と謡い出して千歳之舞へと進みます。さすがに東川さんの舞なので安定感があります。千歳之舞はお若い方の舞が普通なのでちょっと印象が変わります。

千歳之舞は、途中に千歳と地の謡が入って前後二節に分かれますが、その地の謡で翁が面をつけ始めました。千歳之舞が終わると、翁は扇を開き「総角やとんどや」と謡いながら、自ら面箱を自分の正面から外して立ち、常座で立った三番三と見合った後に正中へ進んで達拝します。このあたりは各流、ほぼ同じ進行です。

翁は広げた扇を持った右手を横に出して扇面を見せる形になり「千早振る、神のひこさの昔より」と謡い出します。この形が宝生の翁の基本の型のようで、この後もこの型を基本に舞が展開します。
なお宝生流の詞章は観世流の四日の式とほぼ同じですね。下掛りだと翁のワカが微妙に違ったりしますが、このあたりは宝生・観世に差はないようです。

そして地との掛け合いのうちに翁の舞へと進みます。
あまり詳しく書くつもりではありませんが、翁之舞から三番三まで、もう一日書いてみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。