FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月さらにつづき

アイの勧めで曲舞へと進みますが、まずシテは「さればにや大慈大悲の春の花」とサシを謡い、扇を広げてユウケンしたのち、直ってクセになります。
この花月のクセも仕舞でも舞われることが多いのですが、清水寺の縁起が謡われて、曲舞の基本的な型がなぞられますが、なかなかに面白いところです。

クセの後、ワキが「あら不思議や、これなる花月を良く良く見候へば 某が失ひし子にて候はいかに」と花月が我が子であることに気付きます。
親子再会の部分は、直ぐには名のらない形の曲の方が多いように思いますが、花月では早速にワキはシテに問いかけます。
親子の再会とはなりますが、「瓜を二つに割ったるよう」というアイの詞は、常の通りでした。

アイがいつものように八撥を打ち、連れだって故郷へ帰るようにと勧めて、シテの物着から鞨鼓になります。物着は囃子のアシライがありません。八撥を打つようにと勧めたアイのシャベリがあり、シテの用意が出来る頃を見計らってアイは正中に出て「いかに花月に・・」と声をかけて切戸口から退場します。

このアイの呼び掛けを受けて、シテが立って常座に進み「七つの年天狗に」と謡い、地謡が「取られて行きし山々を思ひやるこそかなしけれ」と謡って鞨鼓になります。
この鞨鼓、瑞々しい雰囲気があって気持ちの良い舞でした。そもそもこの花月という曲自体、少年の形でもあり、どちらかというと若いシテがなさることが多い曲の様に思うのですが、廣田さんのような熟練のシテがなさると、また奥行きが出るように思います。
松田さんの笛、魅了されることが多いのですが、この鞨鼓もなんだか終わってしまうのがもったいないような感じでした。

鞨鼓の後は山廻りの謡。以前にも書きましたが、この謡とても好きなんです。が「讃岐には松山降り積む雪の白峰」で「しらみね」と謡ったような気がしたのですが、さて勘違いだったのか。観世では「しろみね」と謡いますし、他流も「しろみね」だったと思うのですが・・・
ともかく謡と舞の面白さに引き込まれて終曲になりました。
(最後に当日の上演時間を記載していますが、この日はメモし損ないまして正確な時間が不明です。50分内外だったと記憶しています)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。