FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸さらにさらにつづき

道行の前半は常のように舞台を廻り「狂女なれど心は清滝川と知るべし」と六拍子を踏んで打込の型ですが「逢坂の 関の清水に影見えて」と笹持つ手で上げ扇の型から、笹を逆手に持ち替え、常座から「駒の歩みも近づくか」と橋掛りへ進み、一ノ松で「水も走井の」とノリ込んで水を見る形。「我ながら浅ましや」とハッと気付いた風に笹を上げ、さらに幕前まで進んで「水を鏡と」と水を覗く型から二三足下がってシオリました。思いのこもった場面です。

シテ、ツレ同吟で「第一 第二の弦は策々として秋の風」と謡い出し「我蝉丸が調べも四の」でシテが橋掛りを戻り始めます。一ノ松で佇み、あたりの様子を感じるさまになると、蝉丸が扇を広げて左手に取り「世の中は とにもかくにも有りぬべし」と琵琶弾く型を見せます。笛のアシライが入り、琵琶の音が聞こえるようです。

常座まで進んだシテは「不思議やなこれなる藁屋の内よりも撥音気高き琵琶の音聞こゆ」とゆっくりと藁屋を見る形になります。
シテ、ツレの掛け合いで、お互いが姉弟と気付くところですが、お二人とも見事。「なに逆髪とは姉宮かと 驚き藁屋の戸をあくれば」で蝉丸が戸を開いて藁屋を出ます。
二人手を取り、そのまま下居してシオリます。

地のクリでシテ逆髪が立ち、ツレ蝉丸は藁屋前に座し、逆髪はワキ正まで出て下居します。シテ、ツレの掛け合いの後、本来はクセの謡がありますが、この日は省略。この謡が省略されるのが小書のためなのかどうか、実はこのあたりはよく分かりません。おそらくは関係あると思うのですが、詞章の省略は小書が無くても行われることもあり、特に地方のホールでの公演などではそう言う場合が多いように思います。
ともかくこの日はクセが略されましたが、むしろここは緊張感が高まったまま終曲に向かった感じで、蝉丸が「たまたまこと訪うものとては」と扇を広げて再び琵琶を弾く形。シテは「藁屋の起臥を思ひやられていたはしや」とツレを見てシオリます。

ロンギでシテは別れを告げて都へ戻ることとなり、「きょうだいの宮の御わかれ」と立ち上がって後ろを向きますが、一度ツレを見てからワキ正方へ向きを変えてシオリ。静かに橋掛りへと進みます。
「関の杉村過ぎ行けば」と三ノ松で再びシオリ、ツレは杖を突いて立ち上がり常座まで出ます。
名残が尽きぬ景色の中、シテは幕に入り、ツレが常座に二足ツメて留となりました。
深い思いを感じた一曲です。
(74分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。