FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清水のつづき

主人が出てきてどうしたのだと問いかけると、太郎冠者は清水に行ったが向こうの山がどどどどと鳴って鬼が出、取って噛もうと襲ってきたと報告します。
主人は秘蔵の桶を気にして、手桶はどうしたと聞きますが、覚えがないと太郎冠者が答えます。しかし重ねて問われ、逃げる時に鬼のつらに手桶を投げたら、がりがりと音がしたので鬼が食ったと答えますが、主人は納得しません。

秘蔵の手桶なので、太郎冠者の命にも代えられるものではないと主人が言い、そんな言い様はなかろうと太郎冠者が憤慨しますが、どうでも手桶の惜しい主人は自ら清水へ行くと太郎冠者を押しのけて舞台を廻り清水へと向かいます。

そこで先回りすることにした太郎冠者、鬼の面を着けて、やって来た主人を「とってかまう」と脅かします。
これには驚いた主人が命乞いすると、調子に乗った太郎冠者は、「召し使っている太郎冠者に酒を飲ませろ」とか「蚊帳を吊ってやれ」などと言い出して、主人に約束させます。このあたりは前回の鑑賞記にも書いたとおりですが、うまく聞き取れなかったのがそのあとの「給分の残りを算用せぬげな これも早々帰って算用しようか」というやり取り。給金の残りを払っていないという意味でしょうか。このあたりのやり取りの詞もなかなかに面白いものです。

さて約束をさせた太郎冠者は「総じて鬼の行く姿を見ぬものじゃ」と主人に見ないように命じて、姿を消しますが、ここも他の曲にもありますが「見るな見るな」と繰り返し、主人がそっと顔を上げると脅すという次第で、笑いの出るところです。

主人は戻ってくると、急いで先回りした太郎冠者が主人を捜す風で歩いているのと出くわします。
主人と太郎冠者が鬼の出た様子を語り合う形になりますが、鬼が「汝のことをいこうひいきしていた」と主人が言うのに、太郎冠者は自分の先祖があの清水に身を投げたので、子孫のみを案じて鬼に言ったものでしょうなどとごまかすところも面白いところです。

結局は、太郎冠者が鬼の真似をしたところ、声がそっくりなのを主人が怪しみ、再び清水に向かって、結局は太郎冠者が鬼に扮していたことを暴いて追い込むという形。楽しい一曲でした。
(21分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。