FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

道成寺さらにつづき

先頭に立ったオモアイと一番後のアドアイ、二人の能力以外は紋付き袴姿ですが、太い竹につるした鐘を伸び上がるようにして四人で運び、両側からさらに二人が鐘を押さえる形です。舞台中央まで進んで鐘を置くと、竹竿の先に鐘を吊る綱をかけ、舞台天井の滑車に引っかけます。なかなかうまく引っかからない時もあってはらはらしますが、この日は見事に一度で綱をかけました。

さて鐘の綱が滑車に引っかかると、シテ方の鐘後見が鐘を引き上げ、笛柱の環に綱を結んで固定し準備が整います。
準備が整い、アドアイは狂言座に下がり、オモアイが目付から鐘が吊り上がったことをワキに報告すると、ワキは本日鐘の供養をするが、子細有って女人禁制なので女を近づけてはならないと命じます。オモアイは常座に立って触れをして、ゆっくり舞台を目付、ワキ座前、笛座と廻って着座し、笛のヒシギになります。

囃子方は習ノ次第を奏し、前シテ白拍子の登場となります。葵上などと同様に、鱗箔に黒地の紋尽しの縫箔を腰巻にし、唐織を壺折りに着けています。上掛りでは若い女として出るので、若女などの面をかけ唐織が紅入となりますが、下掛りは葵上同様の無紅でやや年のいった感じです。

常座まで出たシテは次第「作りし罪も消えぬべき 作りし罪も消えぬべき 鐘の供養を拝まん」と謡います。この「作りし罪も消えぬべし」というのも意味深な章句です。シテは地取りで正面にむき直し、この国に住む白拍子であると我が身を明かし、道成寺の鐘供養に向かう旨を語り、道行を謡って道成寺へとやって来た態になります。「日高の寺」は日高川にほど近い道成寺の意味ですね。

シテは鐘供養を拝もうと言い、鐘楼に近づこうとしますが、女人禁制を命じられているアイの能力に留められてしまいます。
このやり取りも面白いところですが、アイは結局、鐘の供養の舞を舞うというシテの言い分を聞き入れて、自分の一存でシテを通し、喜んだシテは後見座で烏帽子を着けて舞の姿を整えます。物着アシライで烏帽子を着け、その間にアイは狂言座へと下がります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。