FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗さらにさらにつづき

「我慢高雄の峯に住んで」とゆったり動き、「霞たなびき雲となって」で左袖を被いて下居してから立ち上がり、続く「谷に満ち満ち峯を動かし」から急に早くなった地謡に合わせて、両袖を巻き上げて橋掛りへ走り、「天狗だふしはおびただしや」で舞台に戻って両袖を下ろし、常座で子方に向き合います。

シテは「いかに紗那王殿」と牛若に声をかけ、木の葉天狗の稽古を見たかと問いかけます。これに子方が殊勝に答えると「ゆゆしゆゆし」と満足げに団扇を大きく動かしてユウケンの型を見せます。
そして物語を語って聞かせようと大小前で床几にかかります。シテの物語は張良と黄石公の話で、黄石公がわざと落とした履を張良が何度も取って履かせ、一大事の相伝を受けたという話です。(この話については張良の鑑賞記でも触れています)

これに習って「そのごとくに和上臈も さも花やかなる御有様にて姿も心も荒天狗を 師匠や坊主と御賞翫は」と自らを師匠として兵法を会得し、平家を討とうという牛若の志に感銘し、兵法の大事を残さず伝えようと謡い舞います。
このあたりからの中ノリの謡は大変調子も良く、好きな部分。
「そのごとくに和上臈も」で団扇を背にさし、「いかにも大事を残さず伝えて」で立ち上がって子方により、長刀を受け取って常座へと向かいます。

「そもそも武略の誉の道」の地謡でサシヒラキ、六拍子を踏んで舞働になります。
実は初めて囃子を習った頃にさせていただいたのが、この鞍馬天狗の舞働で、もうずーっと昔のことなのに、良く覚えています。
シテは長刀を振り豪放に舞働を舞い上げると、六拍子踏んで正先へ出、目付から舞台を大きく廻って「清和天皇の後胤として」と大小前で小回り。さらに六拍子踏んで「驕れる平家を西海に」と橋掛りへ入って二ノ松まで進みます。
ここから舞台に戻り「会稽を雪がん」と子方に長刀を戻し、正中で両手をついて「お暇申し」子方に一礼。常座にと向かいます。

「牛若袂にすがり給へば」と子方がシテを追って袖に手をかけ、シテは引き返して舞台を廻り、子方がワキ座に戻る一方で「頼めやたのめ」と橋掛りへと進んで、二ノ松で膝を突いて袖を被き、姿を消した形。さらに「失せにけり」で立って留となりました。
工藤さんらしい、切れの良い一曲で楽しめました。

附け祝言は嵐山。鞍馬天狗に嵐山とは春らしい選曲です。
(78分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。