FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島もう一日のつづき

アイの社人が退場すると、一呼吸置いて囃子が出端を奏し始めます。
いよいよ後場になりますが、出端の囃子に続いて地謡が「御殿しきりに鳴動して」と謡い出します。
「山ノ端出づる如くにて 現れ給ふぞかたじけなき」の謡に合わせ後見が作り物の引廻しを下ろすと、中には後ツレ天女が床几にかかっています。
緋の大口に紫の長絹、天冠を着けて「そもそもこれは此島に住んで」と謡い出しますが、これこそこの竹生島の弁財天。

地謡の「その時虚空に音楽聞こえ」でツレは袖の露を取り「乙女の袂 かへすがへすも」で立ち上がって作り物を出、常座に向かい答拝して天女ノ舞を舞い始めます。
當山淳司さんは何度かツレで拝見していますが、舞を見るのはこの日が初めて。ツレの舞う天女ノ舞らしい、すっきりした舞です。

さて天女ノ舞を舞い上げると、さらに地謡が「夜遊の舞楽も時すぎて」と謡う謡に合わせて舞い、「下界の龍神 現れたり」でワキ正から幕の方を見て雲扇の型をして龍神を招きワキ座へと着座します。ワキ、ワキツレが一人分横へずれる形になりますね。

囃子が早笛になり、後シテの出。一度三ノ松まで出て幕内に下がり、再び走り出て一ノ松に立ちます。赤頭で法被半切に龍戴をいただき、右手には打杖、火焔珠を載せた銀盤を両手に捧げての登場です。
「龍神湖上に出現して」と足拍子を踏んだ後、手に捧げ持った珠を見込み、ワキに寄って珠を渡します。

さらに打杖を抜き持って舞働。豪放に舞上げます。
やっぱり憲正さんの舞って上手いなあと思います。相当量の稽古もされているんでしょうけれども、一方で、感覚的なものは天性なのかなあ。ともかく舞働から、キリの舞と楽しませていただきました。

「天女は宮中に入らせ給へば」でツレが退場しますが、シテはこれを見送った後、「波を蹴立て 水を返して」と所作を見せ、橋掛りに進んで飛び返り。左袖を披いて留となりました。気持ちの良い舞台でした。
そう言えば、脇正面の奥の方にいらっしゃたのは、もしや憲正さんのお母様では・・・
(76分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。