FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

文荷さらにつづき

恋重荷を謡って、担った文が重いと一騒ぎの後は、常の形通り太郎冠者が中を見てみたいと言い出します。
これも和泉流の形だと、次郎冠者が最初難色を示すようになっていて、太郎冠者が無理矢理読み出してしまうところですが、ここでは次郎冠者もあっさり同調して、文を見ることになってしまいます。
なんとなく、とんとん拍子に話が進んでいくような感じで、その分よけいに明るい感じがするのかもしれません。

太郎冠者が文を読むと、海山、海山と書いてあり、これでは重いという話になります。
そこで次郎冠者が、自分にも見せて欲しいと文を受け取り「ただ明けても暮れても、恋し恋し」と書いてあって「いかに小石でも このように沢山あれば重いはずじゃ」ということになります。

万作さんの時は、たしか太郎冠者が「恋し 恋し」とあって、小石が沢山書かれているので重いと言い、続く次郎冠者は「おなつかしさは富士の山にて候」と、富士山まで書き込んであるので重いという展開になっていたように思います。

ここも、和泉流だと主の字が下手だといったくすぐりがあるようですが、割とあっさりと話が進み、太郎冠者と次郎冠者が文を取り合いして破ってしまうことになります。

最初に文を見ようと太郎冠者が言い出して、次郎冠者が難色を示す形だと、破ってしまったのもどちらが悪いという言い合いになるのは自然ですが、そうしたやり取りがないため、ここも「このように破れた文は届けられまい」としばし考えた後、良いことを思いついたと、二人小謡を謡って、文を扇で煽ぐことになります。

「賀茂の河原を通るとて 文を落といて世の風の便りに伝え 届けかし」とたぶんそんな小謡だったようですが、二人謡ながら扇で文を煽ぎます。
ここに主人がやってきて、二人を叱りつけ、次郎冠者がまず逃げてしまい、太郎冠者が破れた文を折りたたみ「これがお返事でござる」と差し出して、主人が追い込む形。
本当に楽しく拝見しました。
(15分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。