FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

安宅またまたのつづき

アドアイがオモアイに声をかけ、オモアイが富樫の来意を告げます。子方はワキ座を立って後見座に下がり、シテはワキを迎えて後見座に避ける形でワキを通します。ワキはワキ座に進み、その間にアドアイは切戸口から退場します。

シテは一ノ松に立って「実に実にこれも心得たり」と謡い出します。
一同は腰を浮かせてシテを見ますが、「弁慶に諫められて」の謡で座り直し、シテは扇を開いて「この山陰の一宿りに」で大小前から目付の方に向けて扇を投げ、「さらりと円居して」で扇を拾って「菊の酒を飲もうよ」とワキに酌の形になります。

シテの謡から地謡「おもしろや山水に」でシテは立ち上がり、「流に引かるる曲水の」と正中に座します。「落ちて巌に響くこそ」の後、地謡は「鳴るは瀧の水」の常の詞章に変えて「万歳ましませ 万歳ましませ巌の上 亀は住むなり ありうどうどうどう」と謡い、シテが「鳴るは瀧の水」と謡って延年之舞に入ります。ここの記憶がちょっと怪しいのですが、地謡の「ありうどうどうどう」の後にワキの「先達一差し御舞候え」が入って
、シテの「鳴るは瀧の水」だったように思うのですが、もしかして、ワキと地謡が逆だったかもしれません。

ともかく「鳴るは瀧の水」を聞いて、笛の吹き出しになり、ここでシテが立ち上がって答拝して舞出しとなります。
答拝の時は扇を右手、数珠を左に持っていますが、扇を左手に数珠を右手に持ち替えて左に一足、扇と数珠を逆に持ち替えて右へ一足という変形の左右の型をします。
そのまま七足ほどで目付へ向かい、角取りして左へと、ゆっくりとしたテンポのままカカリを常の型で舞って大小前で初段、上げ扇になります。

宝生の延年は独特で、この初段に延年ノ手という特殊な手組が入ります。もちろん他流も延年ノ手は入るのですが、三段目あたりで急調になった後入るのが多いそうです。宝生ではゆっくりしたテンポのまま延年ノ手が入り、常座に下居したシテは右手に扇を広げて酒を汲む型を見せ、変形のユウケンのような型をします。
ゆっくりとそのまま舞が続きますが、二段目の途中で笛がヒシギを吹き、突然急調になります。型も替えの形が随所にあって、全く通常の男舞とは別物の舞です。

舞上げるとシテのワカ「鳴るは瀧の水」から、急ぐ心で「とくとく立てや」と一同立ち上がり、子方を先頭に立てて同山が幕に走り込みます。
シテは橋掛りに進み、幕前で「陸奥の国へぞ下りける」と留になりました。
実に気持ちの良い舞台でした。
(96分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。