FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

釣針 大藏彌太郎(吉次郎狂言会)

大藏流 国立能楽堂 2009.5.31
 シテ 大藏彌太郎
  主人 大藏千太郎 姫 大藏綾乃
   女房 大藏教義 善竹大二郎 宮本昇 榎本元
      吉田信海 善竹富太郎 大藏基誠

大藏流にも和泉流にもある曲で、霊夢を蒙って手に入れた釣り針で人を釣るという設定は変わりません。さらにシテ太郎冠者が、釣り上げた女を妻にしようとして対面し、その醜女ぶりに驚くところで笑わせるという、ある意味で大変にわかりやすい狂言です。
しかし、多数の登場人物が出てくることもあり、演出は流儀によって、家によって様々のようです。

さて、まず舞台にはアドの主人とシテ太郎冠者が登場し、主人は宿願あって毎日西ノ宮に参詣しているので、今日も出かけると言って太郎冠者を呼びます。
罷り出た太郎冠者とともに西ノ宮に向かって歩き出し、歩くうちに、このように歩みを運んでいるならば験もあろうなどと話します。
大藏、和泉いずれでも、登場したアドは「定まった妻がいない」ので、西ノ宮の夷様に申し妻を致そうと思う旨を述べる演出があるようですが、この日はそうした話はなく、宿願とのみ述べて西ノ宮に向かいます。
舞台を廻って西ノ宮に着いた、とアドが地謡座側、シテがワキ正側に並んで座し、いざ拝をしようと、神前に拝する形となります。

「何時参詣しても殊勝なる御前ではないか」などと語り合い、二人は通夜をすることにします。例によって座したまま扇を構えて寝入った形になりますが、アドは寝入った形になるとまもなく正座し直し、拝をして「新たな御霊夢を蒙った」と言い、やがて「夜が明けた」と太郎冠者を起こして、二人立ち上がります。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。