FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

落葉のつづき

一ノ松まで進んだシテは「さらば伴ひ申すべし」と、落葉の宮の旧跡にワキを誘い、地謡のうちに橋掛りを進んで常座へと出ます。「落葉に埋もれて後は残らず」と地謡が謡うに合わせて面を伏せた後、面を上げて目付から舞台を廻って、地謡いっぱいに常座へと戻って開きます。

シテはワキに向かって落葉の宮の旧跡に着いたことを告げ、ここから名所教えの形になります。シテが常座からまっすぐ前を、ワキはワキ座から正面を目付の方に外して、ちょうど二人して見所の真ん中、やや目付寄りあたりに落葉の宮の旧跡を見る形から始まります。
ワキが惟喬親王の皇居の場所を問い、シテは「これより北に当たって、松の一むら木高き所こそ」と笛座方を二人見やります。
続いて二人は地裏の方を向き、ワキが「又これより東に当たって、杉一むらの見えたる山は」と問いかけます。シテは「横川の峰」と謡い、ワキはシテを振り返って「げに面白や名所とて、なお奥深き細道を」と謡い、シテが「分けつつ行けば末絶えて」と受けて、ワキは目付の方を、シテもワキ正の方を向き、目付柱のずっと先の方角に炭焼く煙を見つけます。

地謡が「炭竈に薪とり焼く夕暮れは」と掛け合いの謡いを受け、さらに「落葉の宮はわれなりと」とシテが落葉の宮の霊であることを明かし、シテの中入となります。
唐織着流しですが、なかなかに素敵な文様の装束のシテが、静かに退場して、アイの語りになります。

アイは長上下で、常座にて小野の里に住む者と名乗り、薪を取らない日が続いたので、今日は山に入って薪を取ろうと言いつつ目付に出て、ワキ僧に気付きます。
ワキ僧との問答から、アイは落葉の宮、夕霧のことなどを語り、ワキはこれを受けて経文を読んで供養をすることにします。

ワキの待謡から一声の囃子で後シテの出。緋の大口に紫の長絹、長絹には檜扇に花の文様が入っていて、これまた素敵な装束です。常座まで進み出たシテが「あら淋しの深山の秋の夜や」と謡い出し、秋の夜の淋しい山里の様子を謡います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。