能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛冶さらにつづき

シテ、ワキが幕に入ると、囃子は狂言来序になり、アイ稲荷末社の神が登場してきます。末社神の常の出立ですが、常座で名乗った後は、稲荷明神の神徳を語って退場します。

アイが退場すると後見が一畳台を運び出してきます。注連縄がはられていて、その目付側に幣を置いて後見が退場すると後ワキの出になります。
ワキは白大口に直垂、風折烏帽子でいったん鏡板にクツロギます。
囃子がノットを奏し、ワキは台に上って右手に幣を持ち「宗近勅に随って、すなわち壇に上がりつつ」と謡い出します。ここはワキの謡の聞かせ処でもあり、朗々と謡い上げます。

地謡が受けると、ワキは幣を見、左手に取り直して天を仰ぎ、さらに面を伏せて右手に幣を取り直します。そして「謹上再拝」と謡いつつ幣を振り、囃子が早笛となります。
ワキは立って段を下り、笛座前で幣を後見に渡して片袖を脱ぎ、シテの出を待ちます。

シテは法被、半切、狐を戴き、右手に鎚を持って登場し、一ノ松で拍子を踏んで舞台に入ってきます。地謡に合わせて常座で小回りし開いて舞働となります。

舞上げると、「童男壇の上に上がり」と謡い、台上に上りワキに一礼します。ワキも台上に上がり、二人で鎚を打ち、剣を打ち上げます。

ワキが「かくて御剣を打ち奉り 表に小鍛冶宗近と打つ」と謡い、シテは立ち上がりつつ「神体時の弟子なれば 子狐と裏にあざやかに」と謡って台上で飛び上がり、剣を持って台を下ります。
ここからは、キリの仕舞としてよく演じられるところですが、最後は橋掛りを進んで幕前まで行き、左袖を被いて姿を消した形から、立ち上がって留の拍子を踏みました。

夏樹さんは。以前地謡で舞台上の姿を見かけたことはあるものの、能を拝見するのは初めてです。どうだろうかと思っていたのですが、このところ京都で修行しておられるのか、舞も所作もしっかりされて、基礎をきちんと身につけられた印象を持ちました。
能楽師も数少ない金剛流ですが、これからが楽しみですね。
(60分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad