FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老 水波之伝 梨良一(閑能会別会)

観世流 観世能楽堂 2009.9.12
 シテ 高梨良一
  ツレ 関根祥丸、天女 長宗敦子
  ワキ 宝生欣哉
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺佐七、笛 一噌隆之

養老も割と上演の多い曲で、久しぶりに大角さんの観世流上演回数調べを見てみると52位、脇能としては高砂に次いで2番目に上演の多い曲になっています。

後場で神が出現し神舞を舞うという基本は、いわゆる本脇能の曲と同じながら、高砂や弓八幡などと比べると、いささか破格の所があります。前場にクセを欠いているといった構造的な問題もありますが、本脇能であれば前場で登場する老人が神の化身であり、後場でその本体を現すという設定になるところ、この曲の前シテ、前ツレの老人と若者はあくまでの生身の人間で、後シテと別人格になっています。このあたりのいささか型を破った具合と、長寿を言祝ぐ気分などが好まれたところかも知れません。

さらに言えば、後場の詞章では「君は船 臣は水 水よく船を 浮べ浮べて」と、君臣の道が謡われているように、能楽の式楽としての側面を考えると、これは人気があっても当然と思われるテーマ設定になっています。

この日はさらに水波之伝の小書が付いており、いかにも観世流らしい華やかな演出でした。興趣をそそる小書のため、むしろこの小書を付けて演じられる方が、小書無しよりも多いくらいです。もっともこの水波之伝では間狂言が省略されてしまいますが、この曲には和泉流の替間「薬水」があり、これもなかなか面白いので「薬水」が観たければ水波之伝の小書は付けない形ということになりますね。

何はともあれ一同着座すると、真ノ次第が奏されてワキの一行が登場してきます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。