FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老のつづき

真ノ次第でワキ宝生欣哉さんを先頭に、ワキツレ館田さんと御厨さんが登場してきます。ワキの狩衣は褐色(かちんいろ)でしょうか、欣也さんの装束でこの色はこれまで見た記憶が無いのですが、これに白の大口を付けた大臣姿。ワキツレのお二人は、いわゆる赤大臣です。

登場した一行は、舞台上で向き合って型通りに三遍返しの次第を謡い、雄略天皇に仕える臣下と名乗った後、道行を謡って美濃の国養老の滝にやって来た形になります。次第の地取りもいささかテンポが速く、小気味よい感じです。
着きゼリフがあり、館田さんが「然るべう候」と答えて、一同ワキ座へ向かい着座します。

代わって囃子は真ノ一声となり、シテ、ツレの登場となります。
まず先にツレ祥丸さんの登場。段熨斗目に草色の水衣、白大口を着けて、左手には背に負った柴の綱を持ち、右手には小さな桶を持っています。常の形では持ち物を持たずに登場しますが、負柴に桶は小書のためか替の形ですね。

後から小格子厚板に水衣、白大口に右手に杖を持ったシテが登場してきます。こちらは常の形に変わりませんが、脇能の前シテとしては一般的な形ながら、私としては前々から気になっているところが一つ。実はこの前シテ、肩上げをしていません。脇能の前シテは大口に水衣の老人姿というのが多い訳ですが、普通は水衣の袖を少し持ち上げて肩のところで糸でとめてあります。前場の途中で正中に座し、いわゆる居グセの形になるところで、この肩上げを下ろすのが普通です。
ところがこの養老では、シテが最初から肩上げをしない形で登場してきます。昨日も書いたように、この曲はクセがありませんで、いささか形が他の本脇能とは異なっています。そのためということもあろうかと思います。
また、この曲の前シテは生身の人間で、神の化身ではありません。肩上げをして登場し、途中で肩上げを下ろすのは、普通の人ではないことを表しているという話がありますが、そう考えると、生身の人間だから肩上げをしないのかも知れません。いずれにしても細かい装束の取り扱いですが、気にして観てみるとなかなか興味深いものがあります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。