FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老さらにさらにつづき

地の下歌「曲水に浮かむ鸚鵡は」でシテが杖を取って立ち上がり、常座へと進んでロンギになります。地との掛け合いで謡いながら、シテは舞台を廻り大小前へと進んで下居します。
ワキが「実にありがたき薬の水・・・」と言い、シテ、ワキと詞から謡に展開して、中入前の地謡の上歌「言ひもあへねば不思議やな・・・」となります。シテはこの謡に杖取って立ち上がり、そのまま橋掛りへと進みます。

この曲の前ツレはなかなか重い役ですが、水波之伝の小書では特にこの中入が重い形になります。シテが橋掛りに歩みを進めていく一方で、正中へ立って正へサシ込み開きした後、既にシテが幕に入ってしまった後を「これただ事と思はれず」と橋掛りへ進み、途中一ノ松あたりからやや歩を早めながら、来序で中入をします。常の型ではシテ、ツレともに来序で中入りし、代わって狂言来序でアイが登場してきますが、小書によって型が変わる訳です。

水波之伝の小書では間狂言は登場せず、ツレが来序で中入りすると、一呼吸置いて出端の囃子が奏されて、後ツレ天女が登場してきます。
白の舞衣に緋の大口、天冠を着けた天女が橋掛りを進み、一ノ松で開きます。
笛が舞の譜、カカリを奏して、天女は天女ノ舞を舞いつつ舞台に入ってきます。なかなかしっかりした舞。

さてツレの舞の途中で幕が巻き上げられ、半幕でシテの姿が現れます。幕は直ぐに下ろされますが、天女ノ舞を舞い上げた後ツレは小鼓の前あたりに立ち「ありがたや治まる御代の習とて 山河草木穏やかに」と、本来は後シテが謡うサシを謡います。
いよいよ気分の盛り上がるところ、このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。