FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町さらにさらにつづき

ワキは常座に立ったシテにあらためて如何なる人か名を名乗るようにと求めます。
シテは恥ずかしながら名乗ろうと言って正中へ出て下居し、小野小町がなれる果と我が身をあかします。
割と簡単に言っちゃうんですねえ、という感じなのですが、ワキ・ワキツレも、昔は優美な方だったというのにいたわしいことと謡い、地の下歌、上歌と続いて、今は百歳に一つ足りない歳になり、白髪頭に衰えた肌の姿を恥じると謡われるに合わせ、シテは笠持つ左手を上げてワキから身を隠すような形になります。

続くロンギで立ち上がったシテは常座へと向かいます。
首にかけた袋に粟豆の乾飯を入れ、物乞いして路頭をさすらっている様が謡われ、正先へと進んだシテは「涙をだにも抑うべき袂も袖もあらばこそ」と杖持つ右袖を抱きかかえるように体の前に合わせる形。
さらに左手に持った笠を返して両手で物乞う形に捧げたところから「また狂乱の心つきて」と手を下ろして杖を落とし、再び両手で返した笠を差し出しつつ「なう物賜べなうお僧なう」とワキに迫る形から、正中まで下がります。

ワキは「何事ぞ」と声をかけますが、物の憑いた態のシテは「小町が許へ通はうよなう」と言いだし、ワキは「おことこそ小町よ 何とて現なき事をば申すぞ」とたしなめます。しかしシテはさらに「いや小町と云う人は余りに色が深うて 彼方の玉章此方の文 かき昏れて降る五月雨の・・・」と激情のままに言いつのり、謡います。
既に小町ではなく、深草の少将が憑いた態ですが、これまた老女物という印象とは随分と違った激しさのあるところ。
そしてこのあたりのシテの動きから、ああ最初に登場したところでの歩み、立ち居もままならぬ様子は、演技の力による物が大きかったのだと、あらためて認識したところです。ともかくも少将の霊が憑いた小町の恨みの姿が展開していきますが、このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。