FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺のつづき

ワキは次第を謡い、諸国一見の僧だが三熊野に参り、さらに西国行脚を志し旅する途次と名乗ります。道行で信太の森を過ぎ、住之江や難波潟を眺めつつ蘆屋の里にやって来たと謡います。

道行を謡い終えると常座から正中へと出、振り返って「所の人の渡り候か」と狂言座に向かって呼び掛けます。呼ばれてアイが立ち上がり舞台に出てワキとの問答になります。
宿を貸して欲しいとのワキ僧の申し出に、旅の人に宿を貸すことは禁制になっていると断ります。そこでワキはあきらめて去る形でワキ座へと向かいますが、アイがこれを止めてさらに問答が続きます。

不憫だからと僧を留めたアイは、州崎の御堂なら一夜を明かすことが出来ようと伝えます。これに対して、ワキはその御堂の持ち主かと問いますが、村の者の持ち物ではないとアイが答えて、ならば勝手に泊まるまでといったやり取りがあります。アイは夜な夜な川より化け物が上がると申すぞと言いますが、法力を持って泊まるまでとワキは意に介さず、御堂に泊まることにするというやり取りです。
ついつい気を抜いてしまう部分で、およその意味は理解しているのですが、キチンと記録を取ったことがありません。少なくとも、禁制で宿が貸せないこと、州崎の御堂を勧めること、御堂には化け物が上がるということなどは、基本線として変わらないと思いますが、詞のやり取りだけに、流儀などによって微妙に違っているかも知れません。何度も見ている能ではありますが、詳細となるといささか怪しい・・・

ともかくワキは御堂に泊まることにしてワキ座へと進んで着座し、アイも狂言座に下がって着座すると一声の囃子になります。

無地熨斗目に深い緑の水衣、黒頭で右手には水棹を持った形でシテが登場してきます。
一ノ松でまずサシを謡い、続いて一セイ「浮き沈む涙の波のうつほ舟」を謡い、地「こがれて堪へぬいにしへを」シテ「忍び果つべき隙ぞなき」と謡って、ワキの謡になります。ワキは埋もれ木の如き舟に乗る人影も定かでない、不思議の者が漕ぎ寄せてきた様子を謡います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。