FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚のつづき

ワキ、ワキツレが着座すると、引廻しが下ろされて萩小屋の中のシテが姿を現します。
まずはシテのサシ謡。独り詫び住まいする自らの身上の悲しみを謡います。大友さんの謡は、やはり大変優しい雰囲気で、これが悲しみを誘う感じです。

シテの謡が終わると、ワキは小屋の内に案内を乞います。シテが如何なる人かと問いかけ、ワキはこれに答えて名乗り一夜の宿を乞います。シテはこれを断りますが、今度はワキツレが陸奥、安達ヶ原に行き暮れてしまい宿を借りる伝もない、どうか泊めて欲しいと頼みます。
これにもシテは、こんな草庵にはとても泊めることはできないと重ねて断りますが、ワキがさらに宿を乞い、そのワキとシテの掛け合いから、地謡が「さらばととまり給へとて」と謡います。シテはこの地謡の最初のところで膝を立て、さらに立ち上がって「枢を開き立ち出づる」と戸を開きつつ作り物の萩小屋から出てきます。

シテは「異草も混じる茅筵」で正中へ出て下居し、ワキはワキ座に下がります。またこの地謡のうちに、後見が枠かせ輪(ワクカセワ。カセは木偏に上下、峠や裃の山偏・衣偏の代わりに木偏を書いた字)を持ち出してきて目付に置きます。

この枠かせ輪を置く位置、以前の鑑賞記に書いたように、今回のように目付にする場合と正先に置く場合と両方ありますが、見た目のバランスからすると、目付に置いた方がおさまりが良いように思います。
しかし、枠かせ輪の前から立ち上がり退場する時に、萩小屋に対してどのあたりを通るかを考えると、また違いがあります。目付よりも正先に置いた場合の方が、萩小屋の直ぐ側を通る形になるので、これはまた格別な意味を持つように思います。

ともかくシテの謡が終わると、ワキが枠かせ輪を見て問いかけます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。