FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚さらにさらにつづき

黒塚のアイ、大藏流と和泉流での違いを以前書きましたが、月崎さんのアイは吉住さんの時と基本的には同じ形。やけに閨の中が気になってしまい、見たくてたまらないという形です。
しばらくあれやこれやとしていますが、結局部屋の中を見てしまい、驚いてワキに「見てござる」と報告する訳です。

ワキはアイを咎めますが、とは言え早速に閨の内を見ることとして立ち上がり、ワキが目付、ワキツレがワキ正にたって作り物に向かい謡い出します。
閨の中は死屍累々とし、これは音に聞く安達が原の黒塚に籠もる鬼の住まいであると気付いたワキ、ワキツレは逃げ出すこととし、二人向かい合って「心も惑ひ肝を消し」と謡い「足に任せて逃げて行く」とワキ座へ歩みます。

囃子が出端となり、急な調子の中、鬼女の姿となった後シテが姿を現して一ノ松に立ちます。背には負柴、左手にその綱を持ち「いかにあれなる客僧 止まれとこそ」と、ワキを止めようとします。
「胸を焦がす炎 咸陽宮の煙」と綱解いて柴を落とし、地謡との掛け合いから「ふりあぐる鉄杖のいきほひ」と笞振り上げ、ワキは橋掛りに入りますが、シテが進んでワキが舞台に戻り、シテは常座まで進んで祈りとなります。

常座に出たシテは、ワキに祈られて橋掛りへと下がり、ワキが追って幕前まで進みます。シテが盛り返して今度はワキが下がります。シテ柱まで来るとシテが柱に巻き付く形。一度下がって舞台に入り、常座で足拍子を踏んだシテは、ワキをワキ座まで追い込んで、作り物に寄り、戸を抑える形で祈りが終わります。

ワキが「東方に降三世明王」と謡って、以下掛け合いで五大明王を下ろし、祈ることでシテを追い詰めていきます。最後は橋掛りへと進み、幕前で「夜嵐の音に 立ち紛れ 失せにけり」と扇かざして飛び返って膝を着き、立ち上がって留となりました。
(68分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。