FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町のつづき

まず舞台にはワキ僧が名宣笛で登場してきます。無地熨斗目に水衣、角帽子の着流し僧ですが、閑さんのワキは風格があって「尊き人」の雰囲気が漂います。
常座にたったワキは八瀬の山里に一夏を送る僧と名乗り、誰とも知れぬ女が毎日木の実、妻木を持ってくるので、今日も来たなら木の実の数を問おうと述べて、ワキ座に着座します。(上掛りの本では名を問おうと書かれているのですが・・・)

囃子が次第を奏し、ツレの登場。以前の鑑賞記にも書きましたが、このツレは現代では若い女の形で出て、そのまま終曲まで舞台に居るのが通常になっています。しかし古くは老婆の形で出て中入りしたらしく、観世流山本さんの時もツレの鵜澤久さんは姥の姿で出て中入をしました。

今回のツレ長島さんは姥ではなく、無紅唐織着流しの中年女性として登場でした。面は深井あたりでしょうか、あまり能面に詳しくないので遠目で特定するのは難しく、深井のような感じを受けたというところです。また左手には木葉の入った手籠を持っています。
これが喜多流本来の形なのか、粟谷能の会での工夫なのかは分からないのですが、ともかく若い女で出たまま、ツレが終曲まで出ているという演出には違和感が残るため、一つの答えと言うことだろうと思います。
本来の謡に合わせるなら、鵜澤さんのように姥にすべきだと思うのですが、それだと後場の登場までの短時間に鬘も変えなくてはなりません。そうした理由もあって、これまでも前場を中年女性として出す演出も試みられているようなので、その一環かも知れません。

さて登場した前ツレは次第を謡い、地取りで正面を向くと「これは市原野のあたりに住む女にて候」と謡い、八瀬の山里に尊き人が居るので毎日木の実、妻木を持ってくる由を述べます。
そしてワキの方に向きを変え、十足ほどで正中に進み出て下居し、手籠を前に置いてあらてめて「また参りて候へ」とワキに告げる形です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。