FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町さらにさらにつづき

ツレの退場前「恥ずかしや己が名を」「をのとはいはじ薄生いたる市原野辺に住む姥ぞ」という謡から、ワキは「秋風の吹くにつけてもあなめあなめ 小野とは言はじ薄生ひけり」という歌を思いだし、小野小町の墓前へと向かうことにします。

「この草庵を立ち出でて」と待謡の最初の一句を謡い終えると立ち上がり、正先に出ると膝をついて数珠を手に合掌し「出離生死頓證菩提」と謡ってシテを待つ形になります。

一声の囃子で後ツレの出。
若い女の姿、紅入唐織着流しの後ツレ小町が登場し常座まで進みます。この間にワキはワキ座へと戻って着座しています。

これまで観た通小町では、この後ツレ小町の後から、衣を引き被いたシテ少将が登場し、ツレが常座に進む一方で、シテは一ノ松に怪しく佇んでいるという形でしたが、今回はツレだけの登場。シテは姿を現しません。

常座に進み出たツレは「うれしの御僧の弔いやな」と高く引き立てた、クリのような感じの謡。戒を授けて欲しいと続けます。

しかしここでワキを止めるように、幕の内からシテの謡が聞こえ「戒授け給はば恨み申そう」と謡い、さらに「早帰り給へや御僧」とワキに立ち去るように求めます。
ツレは「うらめしや偶々かかる法に逢えば・・・」と謡い、シテの声に恨みをもって幕の方を振り返ります。シテ、ツレの掛け合いの謡になっていきますが、まだシテは幕内にあって、幕を隔てて声だけの掛け合い。
衣を引き被いて姿を現している演出でも、衣を被いている限りはシテの姿は見えないという約束でしょうけれども、いっそ幕内にいて姿を現さない方が、より怪しの声という雰囲気になるようにも思えます。いずれにしても、あくまで仏道成就を願うツレと、それを押し止めようとするシテのやり取りにはなかなかに深いものがあります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。