FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

国立能楽堂12月特別公演を観る

このところ、仕事の上でいささか忙しい日々が続いていたのですが、昨日ひとくぎりがつきまして、夕べは水戸芸術館で新作能「花供養」を鑑賞。今日は国立能楽堂まで出かけまして、特別公演を観てきました。前々からスケジュールが見えていたので、このあたりで息抜きをしたいなと思い、チケットを手配していたものです。

特別公演は宝生流、近藤乾之助さんの仕舞で「綾鼓」。野村萬さん、扇丞さん、祐丞さんの「咲嘩」。そして観世銕之丞さんのシテで「船弁慶」こちらは重前後之替と早装束の小書がついてまして、早装束は私も初めて。ただでさえ盛り上がる船弁慶ですし、今年最後の観能ということで、楽しみに出かけました。

年の瀬ですが能楽堂はほぼ満席。おそらくはチケット完売だったんでしょうね。
国立能楽堂主催の公演は、番組も質が高いし、料金もリーズナブルなので人気があり、すぐ完売になってしまいます。

能楽は期待通りで、仕舞、狂言、能、と楽しく拝見しました。
咲嘩も二年ぶりくらいで観ましたが、すぐ後ろの席の方達がお話になっていた通り「誰が観ても面白い」一曲です。祐丞さんはしばらくお見かけしていなかったのですが、人の良さそうな“すっぱ”で楽しい舞台でした。

船弁慶も観て面白い曲ですが、各流様々な小書があり、今回は観世流の重前後之替。
前後之替の小書は一昨年観世恭秀さんのシテで拝見した際の鑑賞記を書いています。イロヱが省かれ、後シテが白式になるなど、いずれも似た形ですが、前後之替では前シテが中ノ舞を舞うところ、重前後之替では盤渉序ノ舞となり、全体的に位も重くなる感じです。
もっとも今回は銕仙会の先生方ですので、やや重めに演じておられるのかもしれません。
昨晩の花供養は梅若玄祥さんのシテでしたが、後見や地謡は銕仙会の先生方がちょうど半分。昨晩、水戸でお見かけした方々を、今日も東京で拝見するのはちょっと不思議な感じです。

また「早装束」は和泉流の間狂言の小書ですが、本当に早変わりでビックリ。万蔵さんの熱演でした。
いずれ鑑賞記の中で詳しく書くつもりでいます。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。