FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹さらにつづき

アイの「とったぞ」の声で直ぐに幕内から呼び掛けとなり「のうのう その下人をば何しに縛め給うぞ」とシテが登場してきます。シテは白の水衣に緋の大口、木綿襷を掛けて烏帽子を着け、右手に幣を持った巫女の姿です。
「人倫心なし」までで一ノ松に至って正面を向き「その縄解けとこそ」とキメます。

「解けや手櫛のみだれ髪」からの大ノリの謡で舞台に向かい、常座からツレの後ろへと回り「引き立て解かんと」とツレを立たせますが、「何とか結びしなさけなや」で下がってシオリ、ツレは再び下居します。

ワキが何の神託かと問うと、シテはこの男が昨日音無の天神で、一首の歌を詠んで自分に手向けた者なので、急いで縄を解くようにと求めます。「我に手向けし者なれば」と、自らが音無の天神であることを示し、神が巫女に憑いていることが見所にも分かる展開となっています。

ワキはこのような下賤の者が歌など詠む訳がないと否定しますが、シテはツレに上の句を詠むように促し、ツレの詠んだ「音無にかつ咲きそむる梅の花」に「匂わざりせば誰か知るべき」と下の句を続け、男が歌を詠んだことを証明します。
そして続く地謡で、正先あたりまで出てから常座へと戻り、ツレの後に行って縄を解いてしまいます。

ツレが立って地謡座前に進み着座する一方で、地のクリのうちにシテは大小前にて床几にかかり、幣を右手でつまむような形でひざに立ててサシ謡となります。
シテの謡を地謡が受けてクセへと進んで行きます。シテは床几にかかったまま「自性の月 ようやく雲をさまれり」と、目付柱の上方に月を見上げる態。上げ端の後「婆羅門僧正は 行基菩薩の御手をとり」で、右手の幣を左手に取り、右手で扇を広げると、立ち上がってクセの後半を舞います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。