FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹さらにさらにつづき

クセを舞上げて、シテがそのまま下居すると、ワキが祝詞をあげるように勧め、シテは「心得申し候」と言って笛座に向き、扇を懐に差し「謹上再拝」と御幣を振ります。
さらにいったん少し出てから下がって下居し、幣を両手で抱くような形になって「そもそも当山は・・・」と謡い出します。

地謡と掛け合いの形で金剛山の霊光が熊野に飛んで霊地となり、御嶽は金剛界、熊野は胎蔵界であると謡います。そして地謡の「密厳浄土有り難や」で、シテは幣を両手で捧げて常座に向いて立ち、幣を高く捧げて神楽へと入っていきます。

普通「神楽」は序、カカリから、初段、二段までが本来の神楽で、神楽独特の譜で舞い、三段からは直りといって神舞になるという構成で出来上がっています。
一噌流の神楽の唱歌はなんだか「涙の連絡船」に似ている感じがする・・・と以前書いたような記憶がありますが、ともかく独特の旋律で、この囃子に乗って幣を使って舞う訳です。そして三段になると幣から扇に持ち替え、神舞を舞う形になります。(金春流では最初から扇で舞うようですが)

他流の小書が付かない巻絹は、この通常の直りがある神楽を舞いますが、金剛流は五段全部を神楽で舞う形になっています。
しかも、これは金剛流の特徴なんでしょうけれども、舞の手が複雑で流麗な感じがします。この後に観た宗家の融も舞の手が込んで華麗な印象でした。「舞金剛」と言われるのにふさわしい舞だと思います。
段が進むに従って小回りが多く取り入れられ動きが複雑に。四段の終わりでは膝をつくなど型に変化があります。
他流でも総神楽や五段神楽などの小書が付くと、直りのない五段の神楽を舞いますから、この曲では五段の神楽を観たいという声が少なからずあったのだと思います。そのあたりを巡っては、もう一日、明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。