FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融 遊曲 金剛永謹(天地人之会)

金剛流 国立能楽堂 2009.11.23
 シテ 金剛永謹
  ワキ 宝生閑、アイ 高野和憲
   大鼓 安福建雄、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 小寺佐七、笛 松田弘之

融は人気曲の一つで上演回数も多く、このブログでも観世流浅見真州さんがなさった十三段之舞の小書付(鑑賞記1)と、金春流山中一馬さんがなさった笏ノ舞の小書付(鑑賞記1)を取り上げています。小書無しの融も観ていますが、古来様々な演出が試みられてきたようで、各流、それぞれに趣向を凝らした小書があります。
今回の遊曲の小書は観世以外の四流にあるようで、いずれも早舞の前が変化する形だそうですが、さらに金剛流では装束も替わります。金剛らしい・・・というほど金剛流を観てはいませんが、優美な印象の一曲でした。

舞台はまず「思い立つ心ぞしるべ雲を分け」と謡いつつ、ワキ僧の宝生閑さんが登場してきます。無地熨斗目着流しに茶の水衣、角帽子の僧侶の形で、囃子があしらう中、下歌を謡いつつ歩み、一ノ松迄で謡い終えて名乗りとなります。
正面を向いて「これは諸国一見の僧・・・」と名乗り、あらためて「夕べを重ね朝毎の」と上歌の最初の一句を謡ってから再び歩み出します。謡いつつ歩みを進めて常座へと出、着きゼリフとなりました。
この形、たしかワキ方の「思立之出」の小書だと思うのですが、大変に風情のある出方です。閑さんが出てきただけで舞台に何か風雅なものが漂う感じがしますが、さらにその感じが強くなりました。

着きゼリフからワキはワキ座へと着座し、一声の囃子となります。
シテの出ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。