FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融さらにつづき

名所教えの最後に、遠く幕の方角に嵐山まで見て、その嵐から「嵐更けゆく秋の夜の」と地謡が謡い、時過ぎて長物語になってしまったとシテは塩汲みの様を見せます。
置いてあった桶に寄って肩に掛け、正先に出て塩を汲む形。目付に月を見上げワキ座前から正中へと回って桶を下ろし、そのまま一ノ松迄ススッと進んで「跡も見えずなりにけり」と一度膝をつき、立ち上がって中入となりました。

アイの高野さんが舞台に進んで居語り。長上下で所の人という設定は常の通りです。

アイが語り終えて狂言座に下がると、ワキの待謡。ワキ座に座したそのままに「磯枕 苔の筵を片敷きて」と謡い出します。大小のアシライから、待謡の終わりに笛のヒシギが入り、太鼓が打ち出して出端の囃子。

しばらく囃子を聞くと、いよいよ後シテの出です。小書のため装束が替わり、黄色地の狩衣なんでしょうけれども、こういう色目の装束は見たことがありません。これに紫の指貫を穿き、生の菊花を差した翁烏帽子を着けています。生の花を使うという装束は、滅多にありませんね。垂は着けていませんでした。

登場すると一ノ松まで進み「忘れて年を経しものを」と謡い出します。地謡がシテの謡を受けて「さすや鬘の枝々に」と謡う中を舞台に入り、正中で「光を花と散らす粧い」と足拍子を踏みつつ謡います。
さらに地謡「ここにも名に立つ白河の波の」で橋掛りへと進み、いよいよ舞へと進んで行く形です。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。