FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船弁慶もう一日のつづき

海が荒れ始めると、ワキツレが「このお舟にはあやかし」が憑いていると言いだし、ワキとアイに咎められます。そうこうしているうちにも、またも激しい波風となった態で、ワキが「あら不思議や海上を見れば 西国にて亡びし平家の公達」が浮かんできたと異変を告げ、子方義経がワキを呼んで今更驚くなと窘めます。

地謡が受けてゆっくりと「主上を始め奉り 一門の月卿雲霞の如く」と謡い始めると、揚げ幕が少しずつ巻き上げられて、幕内で床几にかかった様子の後シテ知盛が姿を見せます。白を基調とした装束で、いわゆる白式の形だと思いますが面は怪士。帰りに能楽堂のロビーを通ると、本日の使用面として後場は「似(あやかし)」と記されていました。「似」の字を以て「あやかし」と読ませ、銘としたのでしょうけれども、いわゆる怪士の面だとは思うのですが、なんだか舞台上で見た印象はもう少し高貴な感じというか、色白で上品なものを併せ持った印象でした。

シテは幕内で「抑もこれは 桓武天皇九代の後胤 平の知盛幽霊なり」と謡い出します。「あら珍しや義経 思いも寄らぬ浦波の」の詞を、地謡がゆっくりと引き取って「声をしるべに出で舟の」と謡う間に幕が下ろされ、テンポが速くなって早笛の囃子。幕が勢いよく上げられて後シテが一気に舞台まで進んできます。
一度半幕で姿を見せ、幕を下ろした後にあらためて早笛で走り出る形は、各流の白式系の小書で見られますが、観ていて気分が高揚する感じです。

「潮を蹴立て」と波を蹴立てる足使いを見せて舞働き。
小書のため、流レ足などの型があり、橋掛りを進んで一ノ松で長刀を返してまた舞台に進み入るなど、変化があります。

舞働きの後も子方義経と斬り合いになり、「不動明王の索にかけて」と正中で一度膝をついて立ち上がり、橋掛りへと進みます。幕前まで進んでまた取り直し、「御船を漕ぎのけ汀によすれば」とワキ座まで寄りますが、「追っ払い祈り退け」と再び橋掛りに逃れ、「また引く汐に」と幕に走り込みます。ワキ留めの形で終曲。
本当に、何度観ても楽しめる能ではあります。
(95分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。