FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹のつづき

工藤さんの観能記で書いたように、梅の香に気付く「や」の使い方は観世流と金剛流では異なりましたが、喜多流も金剛流と同様の形で「冬梅の匂いの聞こえ候、いづくにか候らん」と言ってから「や」と一声あって、「これなる梅にて候」と「や」の声は梅の木を見つけて発する声になっています。

続いて正先へ出て下居して合掌したツレは「南無天満天神、心中の願叶えて給わり候え」さらに「言いもあえねば言の葉を」と謡って立ち上がり、謡いつつ常座に進み、正面に向き直って案内を乞います。
このあたりも流儀によって微妙に違います。以前の観能記と比べて頂くと面白いかと思います。

アイとのやり取りがあり、ワキにアイが取り次ぎますが、ワキはツレを詰問する形になり、地謡の上歌でアイがツレに縄を掛けて「とったぞ」と声を出します。
遅参の科で縛られてしまったという次第です。ここでシテの出となりますが、アイの「とったぞ」の声で幕が上がり、呼び掛け「のうのう その下人をば何しに縛め給うぞ」と言いつつシテが登場してきます。

シテは紅入唐織着流しに白の長絹、いわゆる静烏帽子なんでしょうか、金色の小ぶりの烏帽子を着けて鬢を垂らしたような形にしています。珍しい装束付けだと思いますが、なかなかに風情があります。喜多流でも大口、水衣の写真を見たことがありますので、今回の装束は友枝さんなりの試みなのかもしれません。
シテは「我に手向けし者なれば」までで一ノ松に至って正面を向き、「納受あれば神慮・・・」と謡って最後は「その縄解けとこそ」とキメます。

「解けや手櫛のみだれ髪」からの大ノリの謡で舞台に向かい、「引き立て解かんと」とツレを見込みますが、「心強くも岩代の松の」とツレから面を外してワキ座へ向き「何とか結びしなさけなや」で下がって正面へ直します。ここではシオリの型はありませんで、シオる観世流や金剛流とは、シテの心情の捉え方が違ってくる感じがします。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。