FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島 弓流・奈須与一語 浅見慈一(代々木果迢会別会)

観世流 国立能楽堂 2010.02.21
 シテ 浅見慈一、ツレ 武田友志
  ワキ 森常好、アイ 野村萬斎
   大鼓 亀井広忠、小鼓 大倉源次郎
   笛 一噌隆之

屋島の弓流は、一昨年の檀の会での松木千俊さんの演能(鑑賞記初日月リンク)以来です。このときも間狂言は萬斎さんでして、奈須与一語を堪能させて頂きました。
今回の代々木果迢会別会は、これまでこのブログでも取り上げてきた曲ばかりではあるのですが、果迢会の皆さんがこれをどう演じられるのか興味深いところであり、是非にと思って早くにチケットを申し込んだものです。

さて屋島の展開自体は果迢会だからといって変わるものでもありませんが、流れに沿って書いていこうと思います。

まず舞台には囃子方と地謡が登場してきますが、囃子方は長上下姿で、重い扱いの演出であることがうかがえるところ。また小鼓の源次郎さんが、金の蒔絵を施した特別な床几を持って出ました。弓流ゆえのことだろうと思いますが、その辺りはまた後ほど。

さてなんだか長閑な感じのする次第の囃子で、ワキの旅僧とワキツレ従僧が登場してきます。角帽子に着流しのワキ僧森さんに、館田さんと森常太郎さんの二人が従僧としてしたがいます。
登場してきた三人はは舞台中央で向き合って次第を謡い、ワキが「四国に行ったことがないので西国行脚を志した」旨を述べて道行。
「屋島の浦に着きにけり」と謡ってワキの着きゼリフ、ワキツレが「もっともにて候」と答えてワキ座に着します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。