FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島もう一日のつづき

クリの謡でシテ床几にかかり、続いてシテのサシ。これを受けての地謡「くつばみを浸して攻め戦う」で弓流の様を見せます。アシライで目付の方へ出てから左へ回ってワキに向かい、ワキ座あたりに弓に見立てた扇を落とし、橋掛りへと進んで二ノ松で「その時、何とかしたりけん 判官弓を取り落とし」と詞。

「駒を波間におよがせて」で馬に乗った型から「敵船近くなりし程に」と一ノ松へ出、さらに地謡で舞台に進んで常座へと出ます。
「されども熊手を切り払い」と面を切って、ワキ座に向かい「終に弓を取り返し」と扇を取り上げ、地謡の「景時が申ししも」と大小前にて再び床几にかかりました。

この弓流の部分の展開は、松木さんの弓流のときとはだいぶん違っています。橋掛りを使って弓が遠く流れてしまった感じを出し、一方で松木さんのときは流レ足を見せたり弓を取ろうとする部分を細かく演じたのに対して、そのあたりはすすっと弓に見立てた扇に寄ったのみとしました。それぞれ主張のあるところでしょうか。

クセでは、松木さんは上げ羽の後「惜しまぬは一命なれば」で立ちましたが、今回はその後の「身を捨ててこそ」まで待って立ち、常座から小回り開キ。
修羅の鬨の声が聞こえ、修羅道の有様を見せる形で「矢叫びの音、震動せり」と拍子を踏みカケリへ。弓流や大事の小書がつくと省略されがちなカケリですが、松木さんと同じくこの日もカケリが入り、舞台を廻り橋掛りへと入って一ノ松で開き「今日の修羅の敵は誰そ」と謡いました。

「その船戦今は早」から能登守教経との激しい戦いの有様となり「海山一同に震動して」で舞台に戻ります。松木さんの時と同様に「浮き沈むとせしほどに」でまた橋掛りを進んで一ノ松で止まってワキを振り返り、「波より明けて、敵と見えしは」から謡のテンポが急に速まる中、一度目の「浦風なりけり高松の」でシテは幕に走り込み、いわゆるワキ留の形となりました。2時間になろうかという長時間の、中身の濃い一曲でした。
(114分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。