FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町さらにつづき

ワキはシテに、腰をかけているのは忝なくも仏体色相の卒都婆ではないか、早く立ち退くようにと諭します。しかしシテは、文字も見えず刻んだ像もなく、ただの朽木と見えると答えます。
ワキは見た目は朽木であろうとも、仏体に刻んだ木であり證がないことなどありえようかと重ねて言い。問答になっていきます。

シテは自分も賤しい埋もれ木ではあるが心の花がまだあると言い、さらに問答が続いていきます「心の花のまだ有れば」に思いを込めた謡でした。祥六さんは呻きのようなおさえた謡でこの問答を続けましたが、真州さんの小町はもう少し若く感情の動きも感じられる印象です。祥人さんの時のほうに近い感じがします。

「さて仏体たるべき謂われは如何に」とシテはワキに向いて問いかけますが、ワキツレが「それ卒都婆は金剛薩捶」と答え出すとワキツレを向いて耳を傾けます。ワキ、ワキツレとの掛け合いから、シテの「臺になし」の謡で後は地謡が引き受ける形になります。
ワキツレはシテの後を回って地謡座前に着座し、「真に悟れる非人なりとて」の謡に合わせて、ワキは下がって下居し、両手を突いてシテを拝する形になります。

シテは「極楽の内ならばこそ悪しからめ そとは何かは苦しかるべき」と戯れの歌を詠みます。地謡の「むつかしの僧の教化や」で杖を取ってすがるようにして立ち上がり、杖突つつ常座へと向かいます。
ワキはワキ正に向かって「これは心ある乞丐人(コツガイニン:乞食)にて候」と思いを述べ、名を尋ねようとシテに向かって「さておことはいかなる人ぞ名を御名のり候へ」と呼びかけます。この声に常座で振り向いて正面へむき直したシテは「恥ずかしながら名を名のり候べし」といいつつ正中へ出て杖にすがって着座し、自らが出羽の郡司、小野の良実の娘、小野小町のなれの果てであるとこを明かします。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。