FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町さらにさらにつづき

ワキの一行は、小町といえば古は美しき女性であったことを謡います。シテと地謡が、歌を詠み詩を作ってまことに優美な有様だったのが、今は百歳に一つ足りない九十九髪となっている我が身は恥ずかしいと謡い、「有明の影恥ずかしき我が身かな」で笠を上げてワキの方に向け、ワキから身を隠すような形を見せます。

続いてロンギになり、シテは再び杖にすがって立ち上がり、「今日も命は知らねども」と謡い出します。シテと地謡の掛け合いがつづき、シテは「破れ蓑」「破れ笠」で笠を少し上げて見る型。さらに直して杖を突きつつ三、四足出、「袂も袖もあらばこそ」とワキ正で笠を出し、両手で笠を持つと「往来の人に物を乞う」と笠を物乞うように両手で差し出した後、たらたらと下がって杖を落とし「声変わりけしからず」の謡を聞きます

常座から両手で笠を裏返して持ち、「なう物賜べなうお僧なう」とワキに向かって迫ります。いよいよシテの様子が変になってきます。ワキは「何事ぞ」と問いかけ、何者かが憑いた態のシテは「小町が許へ通はうよなう」と言います。
シテは「あら人恋しや」とシオリますが、深草の四位の少将の霊が憑いたことが謡で明かされ、正中へ出て幕を振り返ったシテは、地謡の後の物着アシライで後見座に向かい、緑地の長絹に烏帽子を着けます。

立ち上がったシテは常座に向かい「浄衣の袴かいとって」と謡い出し、右手で持った扇を広げつつ目付へと進み左袖を上げて被く心持ち。「一夜二夜三夜四夜・・・」と指折り数える型などを見せます。

地謡の「胸苦しやと悲しみて」にあわせるように胸に扇をあてて大小前に安座した後、キリの謡で立ち、「花を仏に」で正面に向いてゆっくりと羽根扇、戻しつつ常座で一回りして正を向き「悟りの道に入ろうよ」と扇広げて留。

老女に男の霊が憑くという形は、強さ、弱さの表現が実に難しいところだと思いますが、違和感なく深い思いを残して一曲が終わりました。
(90分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。