FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島さらにさらにつづき

クセとなり、シテの上げ端の後、「あら磯島の松陰を」とツレが立ち上がってシテの後を抜け、ワキ正へ出ます。左袖の褄を取ってワキに向き「社壇の 扉をおし開き」と右へ回って「御殿に入らせ給いければ」と宮の作り物に中入りします。

続いて「翁も水中に」でシテも立ち上がって常座に向かい「我はこの海の主」とワキに振り返った後「波に入らせ給ひけり」と常座で正面を向いて、来序で中入となります。

シテが幕に入ると、囃子が狂言来序に代わりアイが登場してきます。
昨年の宝生流の竹生島では和泉流の小笠原匡さんのアイでしたが、今回は大藏流山本則秀さん。神に仕える者という設定など基本的な部分は同じですが、やはり流儀の違いで微妙に形が異なっています。

小笠原さんは常座に立って、竹生島の天部に仕えるものと名乗りましたが、今回は竹生島の天女に使える者と名乗り、安芸の宮島、江ノ島、竹生島は隠れもなき天女の霊地と、竹生島の目出度さなどを立ちシャベリします。
さらに参詣の御礼を申そうと言って正中へ下居し、ワキに向かいます。

アイは、お宝物を拝ませ申そうと言い、後見座に向かって後見から葛桶のふたになにやら入ったものを受け取って再び正中に出てきます。
まず取り出したのは、宝蔵の御鍵ということで鍵のような形を作ったもの。続いて天女が朝夕看経(と言ったのだと思うのですが)せらるる時のお数珠と言って数珠を取り出し、「いただかせられい」とワキ、ワキツレの頭上で数珠を動かしてお祓いをするような形を見せます。

次には二股の竹と言って、緑の竹を二本組み合わせたような物を取り出して見せます。お宝物は以上ですが、小笠原さんの時は、黒い棒のようなものを示して馬の角、宝珠のようなものを出して牛の玉、さらには一束の毛のようなものを取り出して何かの脇毛など、他にも妙な物を出しました。和泉流の方が凝っていますね。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。