FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島またつづき

続いてアイは、岩跳びと申して岩を跳んでお見せしようと言い、後見に怪しい宝物を返して、水衣を肩上げすると大小前で下居して岩跳びを始めます。

今回は聞き書きした訳ではないので、謡の内容は怪しいのですが、昨年聞き書きしたものとおそらく同じ詞章だったように思いました。
「いでいで岩跳び始めんとて いでいで岩跳び始めんとて 高きところに走り上がり 東を見れば日輪月輪照り輝けり 西を見れば入り日を招き あぶなそうなる巌の上より あぶなそうなる巌の上より 水底にずっぷと入りにけり」
これは昨年、小笠原さんの時に聞き書きしたものです。これに囃子が入っての謡い舞いです。「東を見れば日輪月輪」でワキ座の方へ向かって雲扇。ワキ座の方角が東という設定ですね。

最後に「水底にずっぷと入」ったという次第で「はあクッサメ」と留めて退場します。
アイの社人が退場すると、一呼吸置いて囃子が出端を奏し始めます。
いよいよ後場になりますが、出端の囃子に続いて地謡が「御殿しきりに鳴動して」と謡い出します。後見が立って引廻しに手をかけて緩め始めるところ。

「山ノ端出づる如くにて」と後見二人が引廻しを広げ「現れ給ふぞかたじけなき」の謡に合わせて引廻しを下ろすと、中には後ツレ天女が床几にかかっています。
白大口に紫の長絹、天冠を着けて「そもそもこれは此島に住んで」と謡い出しますが、これこそこの竹生島の弁財天。

地謡の「その時虚空に音楽聞こえ」でツレは立ち上がって台を降り、「月にかかやく」で袖の露を取って「乙女の袂 かへすがへすも」と台の前に戻り、答拝して天女ノ舞を舞い始めます。
佐々木多門さんの舞は安定感のある素敵な舞でした。この日一番印象に残っています。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。