FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島もう一日の続き

さてツレは天女ノ舞を舞い上げると、さらに地謡が「夜遊の舞楽も時すぎて」と謡う謡に合わせて舞い、正中から「下界の龍神 現れたり」で常座に進んで、幕の方を見て雲扇の型をして龍神を招き、ワキ座へと着座します。

囃子が早笛になり、後シテの出。赤頭で法被半切に大龍戴をいただき、宝珠を両手に捧げての登場です。
「龍神湖上に出現して」と一ノ松で足拍子を踏んだ後、舞台に入ってワキに寄り宝珠を渡します。

「ありがたかりける 奇特かな」で舞働。豪放に舞上げます。
天女が現れて女性らしい舞を舞い、続いて龍神の出現と、昔の人はこういう展開に神々しい物を感じ、有り難い気持ちになったのでしょうね。高砂などとはまた違った趣ですが、脇能の祝祭的な意味は十分に伝わってきます。

「天女は宮中に入らせ給へば」でツレは立ち上がって幕に入りますが、シテはこれを見送った後、「波を蹴立て 水を返して」と所作を見せ、「天地に群がる大蛇のかたち」で橋掛りに進み、幕前で足拍子を踏んで膝を突き、あらためて立って留となりました。
脇能らしい、有り難さを感じた舞台でした。
(76分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。