FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大会 大島輝久(喜多流職分会自主公演能)

喜多流 十四世喜多六平太記念能楽堂 2010.02.28
 シテ 大島輝久、ツレ 佐藤寛泰
  ワキ 則久英志
  アイ 山本泰太郎 遠藤博義 若松隆
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 森貴史
   太鼓 桜井均、笛 寺井義明

大会と書いて「だいえ」と読みます。このブログでは宝生流小林晋也さんの大会について鑑賞記を載せています(鑑賞記初日月リンク)が今回は喜多流。実は喜多流の大会を前々から観ようと思っていて機会が無く、ようやく今回拝見することが出来たという次第です。なぜそう思っていたかという、そのあたりの事情は後ほど鑑賞記の中で。

さて舞台には囃子無しでワキが登場してきます。小格子厚板に白大口、掛絡をかけ、金の角帽子を沙門着けにした則久さん、いつもより偉そうな感じです。
ワキ座まで進んで着座するとサシを謡い出します。

ワキの謡から地謡が「鷲の御山をうつすなる」と謡い出すと、直ぐに幕が上がってシテの出となります。白大口に縞目の水衣、篠懸をかけ兜巾を着けた山伏姿で橋掛を進み、「風常楽と音づるる」で常座まで出て、地謡の「げに類なき深山かな」の謡いっぱいにシカケ、開キと型を見せます。

シテはサシを謡い、この庵室の内へ案内申し候と案内を乞います。舞台はワキ僧の庵室という設定になっている訳です。
ワキはこれに重々しく答えますが、いかなる者かと問われたシテは、このあたりに住居する客僧だが、あなたに命を助けられたので礼を言いに来たと語ります。
ワキは思いも寄らぬことと驚きますが、シテは重ねて都東北院の辺りのことなので、覚えておられるだろう。その報恩に、望むことがあれば直ぐに叶えようと言います。
不思議な話ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。