FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大会のつづき

さて、不思議なシテの申し出に、ワキは「げにさる事のありしなり」と思い出した風を見せますが、具体的に何があったかはシテとワキの謡では示されません。

宝生流小林さんの時の鑑賞記にも書きましたが、この曲は十訓抄第一「人に恵を施すこと」に出ている古鳶を助けた僧の話が原典になっており、ほとんどそのまま能化されています。古鳶に化けて空を飛んでいた天狗が、蜘蛛の巣に引っかかって落ちてしまい、悪童達に捕らえられてしまった時に、僧に助けられたという話です。
この子細は間語りで明らかにされますが、ここでは何かあったらしいというままに、舞台が進行します。

シテはその時のお礼として望むことがあれば叶えようと言うわけですが、それに対してワキは、望みは特にないが釈尊が霊鷲山で説法した様が見たいと言い出します。

ワキの望みに、シテは容易いことと言いますが、ただし釈尊の霊鷲山説法の様は拝ませるが、貴いと思ってはならない・・・と妙なことを言い、続く地謡で、返す返すも貴いと思うなと言い、あの杉に立ち寄って目をふさいで待ち、仏の声が聞こえたら両眼を開いて見るようにと言い置いて、姿を消してしまいます。

シテは正中まで出てから六拍子を踏んで正先へ出、扇を出し、手を上げて木の葉を「さっと吹きあげる」形。常座へ小回りして開き「かき消すように失せにけり」の謡で、来序の囃子に乗って退場します。囃子が変わって狂言来序となり、アイの木の葉天狗が登場してきます。
小林さんの時は、間狂言は和泉流の竹山悠樹さんで、一人で登場し立ちシャベリとなりましたが、今回は大藏流で三人が登場してきます。
いささか賑やかになりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。