FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大会もう一日のつづき

シテの謡を受け、地謡が大ノリの地で、虚空に音楽が響き仏の声が響き渡る様を謡います。シテは「山はすなわち霊山となり」と教典を持った左手を下ろし、山を見上げる景色。地謡とシテの掛け合いから、地謡の「釈迦如来獅子の座に」で舞台に入り、正中に進んでから一畳台に寄って「砂の上には竜神八部」で台に乗って床几にかかります。

釈迦の説法の様が謡われ、シテが「如来肝心の法文を説き給ふ」で教典を広げ、読む形になります。この様子にワキは立って進み出、台上のシテを向いて座し「随喜の涙、目に浮かび」と合掌をしてシテの姿を拝む形になります。

ここで「俄に台嶺、ひびき振動し」と謡が調子を速め、シテは右上を見上げて幕の方を見、立ち上がって台を降ります。正中へ出て幕の方をゆっくりと向きますが、その時半幕で帝釈天の姿が見えます。シテは常座へ出てから笛座前へと移り物着。なにぶん面を二つ重ねているため動作はゆっくりです。
早笛の囃子になり、シテは笛座で掛絡や頭巾などを外し、大天狗の姿になります。

ツレ帝釈天が登場し足早に橋掛りを進んできて常座で足拍子を踏むと、地謡に乗って帝釈天とシテが争う様となり、舞働。争う形からシテは橋掛りに逃げ、帝釈天がこれを追って、シテが三ノ松、ツレが一ノ松に立ち、双方から寄って二ノ松で争ったところから、シテは舞台に戻ってワキ座へ。ツレ帝釈天も舞台に戻り、双方が見合った形から、ツレが常座で「帝釈この時いかり給ひ」と謡って最後の戦いになっていきます。

ツレがワキ座のシテに寄り笞でシテを打つ形。シテは「羽風をたてて」と大団扇で招き扇し風を立てる様を見せますが、飛び返りして「おそれ奉り」とかしこまります。
「帝釈すなわち雲路を指して」とツレが幕へ退場していくと、シテは立ち上がり「岩根を伝い」の謡に、一畳台の端の方に飛び乗り飛び降りて橋掛りへと進みます。幕前まで進んで袖を被いて下居したのち、立ち上がって留となりました。
大島さんのキビキビした動きに見入った一曲。楽しく拝見しました。
附祝言は千秋楽。
(62分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。