FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲のつづき

シテが案内を乞うのに対して、アイが一ノ松に出て問答となります。一夜の宿を貸して欲しいというシテに、アイは「こうこうお通り候え」とシテを誘い、シテがゆっくりと大小前に進みます。アイが床几を整え「まずこれへお腰を召され候え」と床几を使うように勧めます。

シテが床几に腰を下ろすと、アイは目付に正座してシテに向かい、どこからどこへ行くのかと尋ね、シテが答えると何故かと重ねて問います。
シテが楚の国羊飛山に尊き知識者がいるというので訪ねるところと答えると、アイは枕の方を見つつ、仙人からもらった不思議の枕であることを説明します。

問答が続き、シテはその枕で一眠りすることにし、アイが「粟のおだいを拵え候べし」と言って床几を外すと、シテは一畳台へと上がります。
アイは床几を持って後見座に行き、床几を置いてから常座へと出ます。粟の粥を作るようにと幕に向かって声をかけ、狂言座へと着座します。

さてシテの方は台上の舞台側に置かれた枕を前にして、正面を向いて下居し、「げにげにこれは聞き及びし邯鄲の枕なるべし」と謡い出します。
シテが「一村雨の雨宿り」と謡い、地謡が受けますが、ここでワキの出となり。白大口に朱色の厚板でしょうか、上に紺系の側次を着たワキ勅使が、輿舁を従えて登場してきます。途中、輿舁が一ノ松に控え、ワキ勅使だけが舞台へと入ってきます。

シテは地謡のうちに横になって枕を使う形となり、最後の「邯鄲の枕に臥しにけり」でワキが扇で一畳台を叩き、下がって「如何に盧生に申すべき事の候」と声をかけます。シテが起き上がって「そもいかなる者ぞ」と問いますが、ここからがシテの見る夢の内という設定です。
この日のシテ布由樹さん、田村や紅葉狩など、何番かシテを拝見していますが、今回の邯鄲は大変良い雰囲気です。所作も謡も堂々として、盧生が帝の位に就いていくのが自然に感じられました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。