FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

志賀さらにつづき

ワキは、老人が薪に花の枝を折り添え、さらに花の蔭に休んだことから、何かの由来があるのか、それとも唯、薪の重さに休んだのかと問いかけます。

これに対して花の陰に休んだシテとツレは、古歌を引いたりしながら返答をしますが、その中で大伴黒主の名を出し、なにやら黒主との関わりを暗示します。
この能、本によっては「古今集仮名序からの着想か」などと書かれていますが「着想か」どころか、まさにそのままというところ。仮名序には「おほとものくろぬしはそのさまいやし。いはばたきぎおへる山人の花のかげにやすめるがごとし」とあって、まるでそのままを劇化したというところです。

ワキ、シテの問答から地謡になりますが、ワキは下がってワキ座に着座し、ツレも地謡前へと着座します。シテは舞台を廻って、地謡の「言葉の玉のおのずから、古今の道とかや」で常座に移ります。
さらにシテは常座から正中へと進み、地のクリで正中に下居して杖を置き、背に担った薪を外すと、後見が肩上げを下ろして、シテのサシ謡になります。シテが和歌の徳を述べる形です。

この後のサシ・クセと、脇能らしくシテはジッと正中に座したままで、地謡が続いていきます。
古今集真名序、仮名序を下敷きにして和歌の徳を連ねた謡。花の陰に座した樵夫の翁が、臣下に語るという風情ですが、この長い謡を動きのないままに見せるのはシテも技量必要なところ。お若いシテですが充実感がありました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。