FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

14万ヒット御礼

ふと気がついたら数日前に14万ヒットを越えておりました。
このブログも開設して間もなく4年になろうというところですが、途中、お休みを挟みながらもなんとか続けています。
当初の目論見から少しだけスライスして、だんだん自分自身の記録としての観能記がメインになっています。このため、型や装束など「いささか細かい記録が多くなってしまったかなあ」と反省もあるのですが、後々、比較したりすることを考えると、ついついこういうスタイルになってしまいます。
そのあたりは、個人のブログということでご容赦いただければと思う次第です。

昨日は諸般あって更新をお休みしましたが、現在は先月の五雲会での祇王について観能記を書いています。
高橋憲正さんのシテで楽しみにしていた一番でしたし、実際、素敵な舞を見せていただきました。能を観る楽しみをしみじみと感じています。
ツレで出ておられた澤田宏司さんは、最近ご結婚された様子。お目出度い話で、ますますのご活躍をお祈りいたします。
スポンサーサイト



祇王のつづき

舞台にはまずワキ瀬尾太郎が、アイの太刀持ち基誠さんを従えて登場してきます。安田さんのワキを拝見するのは久しぶりですが、例によって堂々たるワキで、黒の素袍上下に梨打ち烏帽子、白鉢巻きを締めた武将の姿。常座に立ったワキは、自分は入道相国に仕える瀬尾太郎と名乗り、加賀の国より佛御前が上り、浄海(清盛の出家名)に目通りしたいと申し出たいきさつを語ります。

清盛は寵愛する祇王がある限りは、神だろうが仏だろうが目通りは叶わないとおっしゃったが、これを祇王が取りなした。そこで清盛が今日佛御前に対面しようということになり、祇王、佛両名して出仕するようにとの仰せなので、祇王を迎えに行くところだと語ります。

ワキの語りは宝生の謡本に比べると随分簡単になっています。念のため、喜多の二人祇王を見てみると、どうもこちらの方が近い感じです。名乗りも宝生の謡本では「瀬尾の太郎何某」となっているところ、「瀬尾の何某」で、これは喜多の本と同じでした。
いつぞや下掛り宝生の詞章は、喜多の本が一番近いという書き込みをいただきましたが、成る程とあらためて思った次第です。

さてワキは一度正中へ出、戻って橋掛りに向かい一ノ松に立つと、幕に向かって「祇王の渡り候か」と呼び掛け、来意を告げてワキ座に向かいます。

続いて囃子無しでツレ祇王が先に立ち、シテ佛御前が登場してきてます。二人とも唐織着流しですが、ツレは赤が勝った装束、シテは白が勝った装束で、自ずとシテツレの位が感じられるところ。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。