FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

桜川さらにさらにつづき

狂乱の理由を問いかけるワキに、シテは一人子に生き別れて、思いが乱れてしまったと答えます。さらにワキはシテが掬い網を持って流れる花を掬うのはどうしたことかと問いかけます。

シテはこれに答えて、故郷の氏神木花咲耶姫のことや御神体が桜であること。子の名は桜子、この地が桜川ということを、徒や疎かにはしないと語ります。
さらに紀貫之の歌を引いて正中へ出、一度下がってから大小前へと向かい、替えの拍子を踏んで、「浮かべ浮かべ水の花」と下を見回しながら目付へと進み、ワキ正から常座へと戻ります。さらに橋掛りへ入ってクツロぐ形になります。

ワキツレが、にわかに山颪が吹いて桜川に花が散ってしまったと言い、シテは一ノ松でこれに答え、ワキが受けて掛け合になると再び舞台へと戻ります。山颪に桜が散り桜川に浮かんでいく様を謡い、常座からワキ正へと出ます。
地次第を聞いて地取りで後見に網を渡し、扇に持ち替えてイロヱになります。

イロヱは常座を起点に目付、角トリして地謡前から大小前、小回りして正面を向き左右打込と、舞台を一回りするだけですが、なかなかに味のあるところです。

イロヱを舞い上げるとシテのクリ「それ水流花落ちて春、とこしなへにあり」が謡われ、サシからクセへと展開していきます。
このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。