FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舎利のつづき

ワキがアイを呼び出し、呼ばれたアイと問答になります。
仏舎利を拝みたいというワキに、アイは叶わぬ事と断ります。しかし問答を重ねてどうしても拝みたいというワキに、その心ばせなら自分の一存で拝ませようとアイが請け負い、結局、仏舎利を拝ませることになります。

アイは正中へ出て「さらさらさらさら」と戸を開ける形。ワキが仏舎利を拝めるようにします。この曲のアイは、なかなかに活躍します。千太郎さんの演技は小気味よい感じです。

ワキは一畳台に向かって正中に立ちサシ謡。霊験あらたな仏舎利を拝む貴さを謡い、この仏舎利は足疾鬼が奪い韋駄天が取り返したと謡いつつ座して、「一心頂礼万徳円満釈迦如来」と合掌します。

このワキのサシ謡を受けて地謡の上歌となりますが、地謡になると間もなく幕が上がりシテの出になります。ワキが待ち構える中を登場楽で出るという形ではなく、ワキが一心に仏舎利を拝していることに乗じて、なんとなく紛れて出てくるという怪しい登場です。

ワキは立ち上がってワキ座へと向かい着座。ワキが舞台中央から去った後を埋めるように、シテが舞台に入ってきます。無地熨斗目着流しに柿色の水衣を着、黒頭の姿ですが、なんとも怪しい雰囲気が漂ってきます。

常座に出たシテは、仏在世の時は法の声に接した身で、この末世に舎利を拝する喜びをサシに謡います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。