FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舎利さらにつづき

シテの登場に、ワキは声をかけ、供に舎利を拝することになります。
地謡が上歌「月雪の古き寺井は水澄みて」と謡ううちに、シテは一度右に少しだけ向きを変えた後、目付に出、さらに舞台を一巡りして常座に立ちます。

クリの謡でシテは正中へ出て下居。その後、サシ・クセと謡がつづきますが、居グセでシテはじっと座したまま。
謡はこの末法の世になって、仏法が東漸とて唐土を経て日本に伝わり興隆にある証として、仏舎利がこの寺にあり目前に拝することが出来るのは尊いことと謡います。

クセが終わるとワキの謡。突然の稲光の様子を告げると、シテは自ら足疾鬼の執心であると明かし、シテ、ワキの掛け合いから地謡が中ノリで「栴檀沈瑞香・・・」と謡い出します。
シテはこの一句で立ち上がり「上に立ち上る雲煙」と髪を掴んで見上げる形。目付から地謡前へ、さらに大小前へと素早く廻って小回りし四つ拍子を踏みます。
一畳台に寄ると「舎利殿に飛び上がり」と、詞章そのままに台上に飛び上がり、宝珠を取って台を踏みつぶし、幕へ走り込んで中入りとなります。

観世流だとシテはもう少し前から立ち上がり、一度橋掛りまで行ってから一畳台に戻ってきて、宝珠を盗み取りますが、地謡になるまで動かずに一気に爆発させたような感じの展開でした。

シテが中入りする途中、アイの前を過ぎ去っていくと、その勢いに転ばされたようにアイが「くわばらくわばら、揺り直せ揺り直せ」と橋掛りで転がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。