FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高野物狂もう一日のつづき

シテはクリ(喜多流なので序とすべきですね)で正面を向いて笹を置き扇を持ちます。クリで正中へと移り着座する形の方が馴染みがありますが、ここでは既に正中でワキに向かって着座しており、向きを変えるだけです。さらにサシで三鈷の松の謂われを述べてクセに続いていきます。

クセでは高野山の霊地としての尊さが謡われますが、クリから下居したままのシテはクセ「さればにや」で立ち上がり、クセを舞う形になります。
弘法大師の投げた三鈷が、光とともに飛び去って松の梢に留まり、これを持って三鈷の松となった謂われから、その奥の院の深山の様子を曲舞に仕立てていますが、ここは静さを感じさせての舞。

クセを舞い上げると「尋ね来し」の謡からシテの男舞。中ノ舞を舞う流儀の方が多いようですが、喜多流は男舞なんですね。
男舞を舞上げると、ノリ地の地謡に合わせて激しい舞を見せ、「常磐の三鈷の松陰」と正中からシテ柱あたりに松を見上げる形。さらに「あら忘れじや」と正中で両手打ち合わせて「高野の内にては謡い狂わぬ御制戒をわすれて狂いたり」と戒を思い出した風で常座へと戻り、さらに正中へ出て「許させ給え御聖」との謡に、着座してワキに謝るように合掌して静まります。

ここで子方がワキに、物狂が高師の四郎であることを告げ、主従再会の場面。
続く地謡で、四郎が鬠(もとゆい:機種依存文字のため表示されない場合はご容赦ください。髪の下側「友」を「會」に換えた字)を切り、春満に従って出家したことが謡われ、シテの所作も扇持つ手を上げて扇を倒し、鬠を切った形を暗示します。
最後はシテが子方を立たせて退場させ、常座でユウケンして留となりました。
観世の形だと主従下山するため、入山を咎めるワキに出家の志を告げるのは嘘になってしまいます。喜多流など各流の伝える形の方が、素直な展開ですね。
(75分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。