FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

吉野静さらにさらにつづき

シテは忠信との約束により舞装束となり、忠信遅しと待ちかねた風情で、静烏帽子を着け、赤の箔を腰巻にして紫の長絹。常座に出て「さても静は忠信がその約束を違へじと、舞の装束ふき繕い、忠信遅しと待ち居たり」と謡います。

あくまでも都道者を真似たワキは、現れ出でた静に法楽の舞を舞うように促します。
シテも都人と信じたふりをしつつ、ワキに都人ならば義経の噂を知っているだろうと問いかけます。集まった衆徒に聞かせようという心。これを受けワキが兄弟仲直りと告げ、衆徒が追跡を思い止まろうとする様子。

ワキはあまり問答を長引かせるのもまずかろうと静に舞を促します。「げにこの御代も静が舞」でイロヱ。ワキ正、やや前に出たあたりから舞台を一回りし、大小前で小回りし左右打込と、舞台を廻るだけですが、なかなかに優美な雰囲気です。
地謡の序「それ神は人の敬うによって威を増し 人は神の加護によれり」が謡われ華やいだ雰囲気が感じられるところです。(この序の部分は宝生流などにはありません)

さらに、義経は神道を重んじ朝廷を敬っての忠勤、私心が無かった。人が讒言をしようとも神は正直の頭に宿る、と謡われ、シテは「義経を守り給え」の謡に合掌して心を込める形です。
続くクセは舞グセ。梶原景時の讒言に追われたものの、義経の真に頼朝と仲直りの話。衆徒もいたずらに義経を追って不忠をなし給うなと謡が進みます。
「そもそも景時が」と謡を聞き、足拍子を踏んで出るとサシて目付の方を向いて開き。「義経執節の勅を受け」と右へ廻って常座で小回り、目付に出て角取りすると舞台を廻って地ノ頭から大小前へと戻り、シカケ開きから足拍子を踏んで左右打込扇広げて上げ端になります。
シテの上げ羽から、義経の郎党は精鋭と説き、これを聞いて衆徒は誰一人義経を追おうとはしなかったと謡い舞います。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。